塚越応駿

いけばな松風副家元 塚越応駿のページ
<< May 2015 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 巨樹めぐり

先日、久しぶりに趣味の巨樹巡りに行ってきました。
群馬県六合村にて。癒されるひと時。

1.世立てのしだれ栗
樹齢250年
千切れんばかりの捻れっぷりと地面につかんばかりの枝垂れっぷり。
群馬県唯一のしだれ栗。
135.JPG
どこか見返り美人を想像させる妖艶さ。

134.JPG
手前には普通の栗の木が生えてました。

138.JPG
この木だけ枝垂れているのが何とも不思議です。
一説には天狗が右足をしだれにかけたため、栗が曲がってしだれ栗と言われるようになったとか。

130.JPG
しばらく見入ってしまうほどの存在感。
小野のしだれ栗とはまた違った立ち姿でした。

2.妙全杉
樹齢840余年、目通り3m

142.JPG
長野原から野反湖に向かって走っているとそれらしき姿を確認できます。
尼僧妙善によって開かれた龍沢寺境内にそびえ立ちます。

147.JPG
妙全尼がお勤めの帰りに、寺の石段の下に逆さに挿した杖が、そのまま根付いて大木になったとの言い伝えがあるそうです。
今も枝が逆さに垂れているのだと信じられ、「妙全尼の逆さ杉」とも言われています。

144.JPG
長い年月、地元から愛されてきた力強さと優しさを兼ねそろえた巨樹でした。


県外の人にはおそらく読めない六合村(くにむら)。
小雨、赤岩、生須、太子(おおし)、日影、入山の6つの大大字を合わせたことから「六合」の名が生まれたとのこと。
六合をくにと読むのは日本書紀の神武天皇即位のくだりに「六合を兼ねて以って都を開き」とあり、「六合」とは天地と東西南北、すなわち支配の及ぶ範囲「国」を表すことから、「六合」を「くに」と読んでいるそうです。

草津温泉の近くでもある六合村。
滝巡りなどもできる自然豊かな環境です。
これからの季節、観光におススメです。

| comments(0) | trackbacks(0) | 08:42 | category: 花便り |
# 今週の作品
毎週オフィスビルのエントランスにいけ込みをしています。
久しぶりに作品をUP。

001.JPG
紅霧島ツツジとピンポンマム、椿の組み合わせ。
良い枝ぶり、燃えるような赤色。
前後の立体感を意識していけてみました。
| comments(0) | trackbacks(0) | 08:35 | category: いけこみ |
# 寺社フェス
増上寺で催された世界最大級の寺社フェス向源。昨年に引き続き、今年も講師をやらせていただきました。



| comments(0) | trackbacks(0) | 11:15 | category: - |
# 子供いけばな教室
渋谷の植物センターで定期的に開講している子供いけばな教室。

今回のテーマは端午の節句。



午前午後共に定員一杯の参加者。
賑やかな教室となりました。


花菖蒲を解剖して二番花を見つけたり…


ギボウシの葉をガラスの器に沈めて光らせたり…

皆、目を輝かせて驚いてくれてまるで、でんじろ先生になった気分でした。

出来上がった作品も子供らしく個性的な仕上がりに。

今回も子供たちから学び癒されるひと時でした。


| comments(0) | trackbacks(0) | 16:31 | category: 教室 |
# 花華展
今週末、地元高崎でいけばな展を催します。

東華古流さんと合同で行う今年で8回目を数える【花華展】。

今回は土器とガラス器を中心とした構成になります。
東華古流さんの季節感ある作品も楽しみです。

お時間ございます方は是非、足をお運びください。
お待ちしております。

日時 :2015年4月25日(土)26日(日)午前10時〜午後5時
会場 :青雲塾会館(ホール) 高崎市末広町44−7
アクセス:日時 :2015年4月25日(土)26日(日)午前10時〜午後5時
会場 :青雲塾会館(ホール) 高崎市末広町44−7
アクセスはこちらからご確認ください。


| comments(0) | trackbacks(0) | 21:37 | category: イベント |
# 時代を彩るいけばな百花繚乱展
新宿パークタワーで催されましたいけばな展、無事に会期を終えました。
天候の悪い日が続きましたが、気温が上がらず花には良い環境でした。


作品を何点かご紹介。


まずは今回からあらたに設けられた流派席。アクリルの台に鏡を乗せ作品が浮いているような設えにしました。
花材 八重桜、利休梅、山吹、スノーボール


私の作品です。ハナミズキとユリのシンプルな構成。思い切って立ち上げ大きな作品に仕上げました。

こちらは当流会員の作品。








会場はオフィスビルの一階。
昼休みには沢山の方が足を留めて見て下さいました。
普段いけばなを目にする事がない方達には新鮮に写り楽しんでいただけたようです。

ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。
| comments(0) | trackbacks(0) | 16:11 | category: イベント |
# 薄紅と紅
樹齢80年をこえる我が家の桜。
毎年この時期に写真を載せていますが、今回は夜桜を選んでみました。

ご近所の方にも楽しんでいただけるように20年近くライトアップをしています。

今年は開花が早くこんな写真も撮れました。

ともに満開の桜と椿。
どちらも負けず劣らず妖艶な雰囲気を醸し出しています。

この時期はいけばな展などがありゆっくり花見もできませんが、心穏やかになるひと時でした。
| comments(0) | trackbacks(0) | 12:05 | category: 花便り |
# 百花繚乱展
今年もこの季節になりました。
日本華道連盟主催の時代を彩るいけばな百花繚乱展。
昨年に引き続き、新宿パークタワー1階で催されます。

会期 4月10日(金)〜13日(月)
前期、後期2日に分けての展示になります。
ご来場お待ちしております。
| comments(0) | trackbacks(1) | 09:54 | category: イベント |
# 高崎市華道協会展
高崎シティーギャラリーで催された高崎市華道協会いけばな展。


昨日4日間の会期が無事に終了しました。


前期に出瓶した私の作品です。
花材はキブシ、ユリ、マリーゴールド、モンステラ。
久しぶりにシンプルにガラスの器にいけ上げました。


今回のいけばな展の目玉であるおやじいけばな体験教室。
概ね60以上の男性を対象とした公募企画です。


集まった参加者は総勢25名。
私はその内の6名を担当。
自分の父親よりも上の年齢の方ばかりを受け持ち少し緊張しましたが貴重な経験となりました。


いけ上げた後、皆さんどこか誇らしげで楽しんでいただけたようです。
作品は2日間展示され沢山の方が見にいらしてくれました。


会場は春色の作品が並び、ほのかに漂う花の香りに癒されました。
会期中には琴と尺八の演奏も行われ五感で楽しむいけばな展となりました。

ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。

 
| comments(0) | trackbacks(0) | 09:45 | category: イベント |
# 花いけバトル王者決定戦

白金 八芳園 白鳳間
2014年度の花いけバトル王者決定戦。
今回、私は昨年度の勝者として予選を免除されての出場。

iPhoneImage.png
他の出場者は予選を勝ち抜いた5名。
皆、実力、キャリアともに申し分のない華道家、フラワーデザイナー。
臆することなく挑んだつもりでしたが、前回と違いどこか雰囲気に飲まれていたような気がします。


初戦はブラインドボート。
開場前に20分間でいけ上げ、その後、作者を明かさずに採点となります。

テーマはカラー。

接地面が極端に少ない花器にあたり、バランスを取りながらいけました。
ケールの葉とユキヤナギをあわせました。


季節の花々が並んだ華やかな会場。


2戦目は2人が舞台に上がっての同時いけ。
得意のガラス花器にあたり、大振りの木蓮に挑戦。
うまくバランスがとれまずまずの仕上がり。
スムーズに行き過ぎて、逆に不安になりました。


3回戦は2つにセパレートする変則的な器。
これまでに自分の作品も含め枝を使った大作が続いていたので、花のみで作品を構成しようと考えました。
その結果、淡々といけ上げた印象をになってしまい、作品も無難な仕上がりになってしまいました。


予選の発表。
結果6人中5位。

決勝戦には上野雄次さんと伊藤庭花さんが進み、2012年度王者上野さんが優勝されました。


今回の敗因は気持ちをコントロールできなかったこと。
どこかで、前回勝者という気負いと、守りの姿勢が出てしまったように思います。
何れにしても、がむしゃらに挑んだ昨年とは大きな違いが・・・。
この一年間、自分なりに成長したつもりでいましたが、未熟さを痛感しました。

応援にいらしていただいた皆様。
お忙しい中有難うございました。
ご期待に応えることが出来ず申し訳ありません。

また1からの出直しです。
花いけバトルに限らず、課題を持って一年間を過ごしたいと思います。
今後とも応援よろしくお願い致します。



| comments(2) | trackbacks(0) | 17:09 | category: イベント |
Categories
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Counter
カウンターカウンター
Maku puppet
ブクログ
Search this site
Sponsored Links