塚越応駿

いけばな松風副家元 塚越応駿のページ
<< July 2014 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 華道大学講座
昨日は当流が加盟している日本華道連盟主催の華道大学講座でした。
浅草のビューホテルを会場に、毎年様々なジャンルの方をお招きしています。

今年の講師は、私の友人でもある金沢の舞踊家 藤間信乃輔さん。
日本舞踊の面白さ、奥深さをわかりやすく実演を交えご説明いただきました。

共演は気鋭の津軽三味線奏者 寂空さん。
気持ちのこもった迫力のあるステージ。
圧巻でした。

今回、舞台に花を添えるため事前に小道具を作らせていただきました。


時期的に生の花は心配だったので造花になってしまいましたが…。

最後、2人の共演の際に使っていただきました。


同世代が頑張っている姿にまた大きな刺激をうけました。
夏の暑さを忘れる清々しいひと時でした。
| comments(0) | trackbacks(0) | 14:56 | category: イベント |
# 今週の作品
恒例のいけ込み。
004.JPG
花材:ドウダンツツジ、ヒメガマ、アジサイ

006.JPG 
きれいな優しい色合いのアジサイが手に入りました。

005.JPG
降り続く雨もアジサイをみると気分が穏やかになりますね。
| comments(0) | trackbacks(0) | 18:47 | category: いけこみ |
# モグラ駅探索
モグラ駅として有名な【土合】。
002.JPG
群馬県水上町湯檜曽にあるこの駅。
上下線のホームが離れているのが特徴です。

005.JPG
上りのホームは駅に隣接した表層部にあるのですが、
下りは地下70m、新清水トンネル内に設置されています。
改札から、約10分間階段を下りないと到着しない、日本一のモグラ駅です。

006.JPG
改札から下り線ホームへ続く通路。
時代を感じさせる作り。
昼間でも一人なら恐いくらいです。

009.JPG
ここが見どころ。
地下へと続く462段の階段。
ホームまで一直線。
先が見えません。

014.JPG
下り線ホームです。

017.JPG
JR上越線。


到着した電車。
一日数本しか停車しないそうです。

019.JPG
乗車することなくUターン。
行きはよいよい帰りは・・・。


階段脇にはエスカレーターの設置スペースが確保されてます。
が、今のところ予定はないそうです。


一昔前は谷川岳への登山客で賑わっていたそうですが、
今では利用者も数えるほど。
土日になると、私のような下り線の見学客が多く訪れるそうです。

階段はなかなか大変でしたが、登山客には良いウォーミングアップといったところでしょうか。


童心に帰り冒険をしたような気分になれます。
夏場は涼しいのでおススメです。

 
| comments(0) | trackbacks(0) | 17:40 | category: |
# 大イチョウ
今日は所用があり、群馬県太田市へ。
時間があったので趣味の巨木探索。

浄蔵寺の大イチョウ。
物凄い枝振り。まったく幹が見えません。

見る角度を変えると、また違う姿に。
何か別の生き物の様で、今にも動き出しそうな迫力があります。


こちらは冠稲荷神社の木瓜。

花の時期ではないので、全体像が分かりにくいですが、見たことのない樹形の木瓜です。


今回は思いがけず面白い巨木に出会えました。
| comments(0) | trackbacks(0) | 20:10 | category: 花便り |
# 第2回 洞窟観音いけばな4人展

昨年、新しい試みとして行った洞窟観音いけばな四人展。
洞窟内に安置された33体の観音様に合わせ花をいけるという趣旨の展覧会です。





今年は新たに小原流の伊藤庭花先生をメンバーに迎えました。

真夏でも洞窟内は17度ととても快適です。
残暑厳しい季節に見も心も涼やかにお過ごしいただきたいと思います。

会期:826日(水)〜31日(日)10001600

会場:洞窟観音 群馬県高崎市石原町2857  電話027-323-3766 

入場料:800


出品者
小原流 伊藤庭花
古流・大觀流 大野理瞳
桂古流 新藤華浩
いけばな松風 塚越応駿

| comments(0) | trackbacks(0) | 15:28 | category: イベント |
# 子供いけばな教室

渋谷区ふれあい植物センターで定期的に行っている子供いけ花教室。
毎回節句をテーマに季節の花をいけてもらっています。

今回は七夕。
030.JPG
5歳から小学校4年生まで、幅広い年齢層の子が集まってくれました。

029.JPG
いかにして日本の文化や風習に興味を持ってもらえるのか、
年齢に差があると、話題や言葉遣いにも気を使います。

028.JPG

031.JPG
どの子もしっかり自分の考えを持っていて、個性豊かな作品が仕上がりました。

032.JPG
今回はヒメガマを主に桔梗、リンドウ、ギボシを合わせました。
リンドウは季節外れですが、日保ちの良さと色合わせを重視しあえて選びました。
器には昨年に引き続き竹をイメージして巻きすを使用しました。

大人になってからも花を身近に感じて欲しい。
そんな思いから始めたこの教室も今年で4年目。
最初の年に教えた子は中学生や高校生になっています。
月日の流れに戸惑いつつも、地道に続けることが大切と気持ちを新たにした一日でした。


| comments(0) | trackbacks(0) | 20:00 | category: 教室 |
# 土器にいける
今日は国立で出張教室。
毎月一回、器の店ノーションさんをお借りして行っています。

今回は熊谷幸治さんの土器展の会期中でしたので、その器をお借りしての稽古となりました。



重量感のある、どっしりとしたこの器。
合わせた花材は岩南天、ルリタマアザミ、ガーベラ、ナルコユリ。

自分で選ばず指定された器にいけるのは本当に難しい。
今回は自分も勉強させていただきました。
| comments(0) | trackbacks(0) | 19:58 | category: 教室 |
# フラワーデザイン教室
前職の経験を活かし、月に一度、各地でフラワーデザインの教室を行っております。

今日は川崎でのレッスン。


爽やかな色合わせの花束を作りました。

この作品にこんなリースを合わせひとひねり。



大人な雰囲気に仕上がりました。

手に入りやすいアイテムを工夫して組み合わせ、デザインするのが教室の特徴です。

フラワーデザインカラハナ

| comments(0) | trackbacks(0) | 11:35 | category: 教室 |
# つなげよう花の心3

毎年夏に他の流派の先生方と一緒に催している、東日本復興応援いけばな展【つなげよう花の心】。
3年目となる今回は、会場を芝大門の増上寺に移しより大きな規模での開催を予定しております。



会期:8月9日(土)10:00〜19:00 10日(日)10:00〜18:00
会場:増上寺/光摂殿
入場料:
【前売り券】両日ともに2,000円(1日限り有効)
【当日券】 両日ともに2,500円(1日限り有効)
・売り上げの一部が義援金になります。
・高校生以下無料。
・入退場自由 チケットの半券をお持ちください。

イベント内容はいけばな作品の展示と東北の花を使ったライブパフォーマンスです。
私は8月9日(土)14時〜の出番となりますのでお時間のございます方は是非、ご来場ください。
詳細はこちらのサイトでご確認ください。
つなげよう花の心

よろしくお願いいたします。

| comments(0) | trackbacks(0) | 20:36 | category: イベント |
# 季節の花をいける
関東地方は例年より早く梅雨入りとのこと。
地元高崎も連日雨が降り続いております。
毎日続くと気が滅入ってしまいますが、庭の植物には恵みの雨。
アジサイをはじめ、色とりどりの花が目を楽しませてくれます。
摘み取り、好みの器にいけた作品を何点かご紹介。


まずは、青いラインが印象的な陶器にドクダミの一種いけ。
高さを出さずに剪定し流れを意識しました。

その名前と香りから嫌われることも多いドクダミ。
由来を調べると、「毒矯み」という字をあて毒を矯める・止めるという意味、
あるいは「毒や傷みに効能がある」という意味の「毒痛み」に由来すると言われているそうです。
別名は十薬(じゅうやく)、様々な効用のある薬草だそうです。


これからの季節の主役、アジサイ。
器の模様に合わせ、トクサで縦の線を強調しました。


最後はムラサキツユクサです。
葉のラインが2つと同じものが無く、暴れた姿が美しいので、
剪定しすぎないように気をつけ、ボリューム良くいけました。

3作品すべて形状の違う花器に季節の花を合わせてみました。
皆さんもお部屋に花を飾ってジメジメしたこの季節を楽しんでみてはいかがでしょうか?



| comments(0) | trackbacks(0) | 19:37 | category: 作品 |
Categories
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Counter
カウンターカウンター
Maku puppet
ブクログ
Search this site
Sponsored Links