塚越応駿

いけばな松風副家元 塚越応駿のページ
<< August 2015 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 雑誌掲載
講談社から本日創刊、50代からの女性向けライフスタイルマガジン「おとなスタイル」。交流のある福昌寺飯沼康祐さん、お茶の武井宗道さん大堀相馬焼松永武士さんとともに記事を掲載していただきました。




是非ご一読下さい。
| comments(1) | trackbacks(0) | 16:03 | category: - |
# 洞窟観音いけばな展
先日催しました洞窟観音いけばな展。
素敵に写真を撮っていただきましたのでご紹介いたします。

今回私は5体の観音様を担当いたしました。

撮影:木口和也氏
069.JPG
まずは十一面観音。
柘植と西洋菊(アナスタシア)に折れて朽ちた竹を合わせサンキライを巻きつけました。

070.JPG
こちらは円光観音。
鮮やかなオンシジュームにラタンの玉を串刺しにした黒い棒を合わせ、光と影をイメージしました。

071.JPG
施薬観音。
防護用の金網を逆手にとり装飾として利用しました。
グロリオサ、アンスリューム、クルクマ、リモニューム。

072.JPG
一葉観音。
蓮の実、月桃、サンゴ樹、藤蔓、流木。
画像では分かりにくいのですが作品の下は水になっていて、
そこにアクリルのボックスを沈め、その上にガラス花器を乗せています。

073.JPG
最後は延命観音。
モッコクとダリアでシンプルな構成に。
モッコクの枯れ枝を合わせています。

全体の作品のテーマとして、死と生を作品に共存させたいと考えました。
災いが観音様の力で浄化されるイメージです。



今年は会期がお盆時という事もあり沢山の方にご来場いただきました。

新聞にも2誌掲載され嬉しい限りです。
061.JPG
読売新聞。

052.JPG
上毛新聞。

年々反響も大きくなりとても励みになります。
来年はメンバーをさらに増やし恒例のイベントとして続けていきたいと考えております。
応援よろしくお願いいたします。
| comments(0) | trackbacks(0) | 15:26 | category: イベント |
# 洞窟観音いけばな展
本日から第3回洞窟観音いけばな展はじまります。


高崎の方、お盆で帰省される方、お近くにご用の方、お時間のある方・・・
洞窟内は夏でも17℃、納涼御参拝に是非いらしてください。
つるはしとスコップで掘られた400mの洞窟は一見の価値がありあます。

会期:8月13日(木)〜17日(金) 
平日10時〜16時 土日10時〜17時
場所:洞窟観音 群馬県高崎市石原町2857 

http://www5.wind.ne.jp/yamatokuen/
| comments(0) | trackbacks(0) | 08:16 | category: イベント |
# つなげよう花の心4

増上寺でのイベント、復興応援いけばな展【つなげよう花の心4】。
無事に2日間の会期を終えました。
138.JPG

139.JPG

158.JPG
東北の花をいけるパフォーマンス。
10人の先生が復興への思いを花で表現していました。

156.JPG
気仙沼からお越しいただいた高橋弘則さんによる講演。
当時の状況から現在の復興への歩みまで分かりやすくお話しいただきました。

153.JPG
いけばな体験教室では参加された福島の方たちから温かいコメントをいただきました。

150.JPG
108畳の大広間に並んだいけばな作品。

146.JPG
作品の一部に東北の花が使われています。

142.JPG
中央が今回の私の作品。

143.JPG
花材:ヒメガマ、ヒマワリ

震災後に訪れた宮城県名取市。津浪による塩害で田畑は甚大な被害を受けていました。そこで唯一生息していたのがこのヒメガマでした。一面に広がるガマ畑。復興を考える時いつもその光景が思い出されます。合わせたのは福島産のヒマワリ。


この催しも4回目となり活動を続けることの意義や難しさ、いろいろと考えさせられることがありました。年月は経ちましたが復興への道のりは長く険しいものがあります。
続けることに意味があると信じ今後も諸先生方とともに活動をしてまいります。
ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。

| comments(0) | trackbacks(0) | 12:36 | category: イベント |
# 洞窟観音いけばな展
夏の恒例イベントとして定着してきました、洞窟観音いけばな展。
今回新たに未生御流の岡本先生が加わり5人での合同展となります。
相乗効果でどのような会場に仕上がるか今から楽しみです。
洞窟内は夏でも17℃前後。
納涼ご参拝に是非、足をお運びください。


イベントの詳細はこちら
| comments(0) | trackbacks(0) | 10:18 | category: イベント |
# つなげよう花の心4
今年も復興応援いけばな展つなげよう花の心に参加いたします。
チラシ案.jpg
今年で4年目となるこのイベント。
今回は私を含め23人の各流派代表者が集います。

会 期:2015年8月8日(土)9日(日)10:00〜18:00
会 場:増上寺/光摂殿
入場券:
【前売】一日券   2000円
    二日通し券 3000円
【当日】一日券   2500円
    二日通し券 3500円

チケットはこちらでお求めいただけます。

e+(イープラス)ホームページより「つなげよう花の心」で検索
http://eplus.jp/ (PC・携帯共通)

参加者顔写真.jpg
それぞれのメンバーが東北の花を使い復興への思いを作品とパフォーマンスで表現します。
沢山の方のご来場をお待ちしております。

イベントの詳細はこちらをご覧ください。












 
| comments(0) | trackbacks(0) | 15:56 | category: イベント |
# アドビバ
銀座の清月堂画廊さんでパフォーマンスを行ってきました。
若手のアーティストの方が集まるアドビバというイベントです。

11692494_850110171731282_6533567335203727055_n.jpg
今回は琵琶奏者の藤高理恵子さんとの2年ぶりの共演。
アジサイを題材とした泉鏡花の作品を朗読していただき、場をもりあげていただきました。

11252855_850110181731281_5426467307900529370_n.jpg
花材はギボウシ、イタヤモミジ、アジサイ。

今年はアジサイの花と向き合う機会が多々ありました。
咲き始めから、枯れゆく様までしっかりと表現していきたいです。

足もとの悪い中、ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。

| comments(0) | trackbacks(0) | 12:04 | category: イベント |
# イベントのご案内

今週木曜日銀座でパフォーマンスを行います。

アトビバ2015ギンザ-TSUMUGU-(チャリティーアート展)
日時:7月9日(木)14:30〜
会場:清月堂画廊 〒104-0061 東京都中央区銀座5-9-15 清月堂本店ビル2F

アトビバ(アートの遊び場)は、プロッフェッショナル、アマチュアの枠を超え、自分の作品を発表したいというクリエーターの有志が集まり、活動する場です。

今回は親交のある琵琶奏者の藤高理恵子さんとの共演です。


30分間の出演ですが、お時間のございます方は是非遊びにいらしてください。

| comments(0) | trackbacks(0) | 10:15 | category: イベント |
# 和の事はじめ
新宿伊勢丹呉服売り場で催された、乙女ゲーム【明治東京恋伽】と和文化のコラボイベント。

【明治東京恋伽】略してめいこいは現代の女子高生がタイムスリップしてしまい明治時代の文豪と恋に落ちるという内容のゲームで10代から20代の子に大変人気があるそうです。

登場人物をイメージした浴衣や帯、手ぬぐいや扇子などのキャラクターグッズが並び、連日多くのファンの方で賑わっていました。

私は和文化の体験として書道、茶道などの先生とともに3日間、ワークショップとパフォーマンスを行いました。

ゲームの中で登場する象徴的な花としてワークショップでは赤バラを、パフォーマンスではアジサイを選びました。

パフォーマンスはゲーム音楽に合わせ、キャラクターの並ぶ背景の前で行うという何ともシュールな内容。
007.JPG

008.JPG
ゲームキャラとの共演。
なかなか経験できないシチュエーションです(笑)

006.JPG
初日、2日目は単独で・・・。

017.JPG
3日目は書家の白石雪妃さんとの合作。
018.JPG
書と花の融合。
私は数種類のアジサイをいけ、
雪妃さんはキャラクターのセリフやアジサイに関する唄を書で表現。
なかなか面白い仕上がりになりました。

なんとも風変りな企画に最初は戸惑いましたが、普段お会いすることのない層のお客さんにいけばなの魅力を知っていただく良い機会だと思い参加を決めました。

伊勢丹さんの攻めの姿勢を見習い、時代に合わせ新しいことにチャレンジしていこうと、思いを新たにした3日間でした。










| comments(0) | trackbacks(0) | 10:52 | category: - |
# 雑誌掲載

主婦の友社から本日発売のリンダミューズという雑誌に載せていただきました。

書店コンビニで購入できます。
よろしければ見てやってください。

| comments(0) | trackbacks(0) | 20:29 | category: - |
Categories
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Counter
カウンターカウンター
Maku puppet
ブクログ
Search this site
Sponsored Links