塚越応駿

いけばな松風副家元 塚越応駿のページ
<< July 2015 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# イベントのご案内

今週木曜日銀座でパフォーマンスを行います。

アトビバ2015ギンザ-TSUMUGU-(チャリティーアート展)
日時:7月9日(木)14:30〜
会場:清月堂画廊 〒104-0061 東京都中央区銀座5-9-15 清月堂本店ビル2F

アトビバ(アートの遊び場)は、プロッフェッショナル、アマチュアの枠を超え、自分の作品を発表したいというクリエーターの有志が集まり、活動する場です。

今回は親交のある琵琶奏者の藤高理恵子さんとの共演です。


30分間の出演ですが、お時間のございます方は是非遊びにいらしてください。

| comments(0) | trackbacks(0) | 10:15 | category: イベント |
# 和の事はじめ
新宿伊勢丹呉服売り場で催された、乙女ゲーム【明治東京恋伽】と和文化のコラボイベント。

【明治東京恋伽】略してめいこいは現代の女子高生がタイムスリップしてしまい明治時代の文豪と恋に落ちるという内容のゲームで10代から20代の子に大変人気があるそうです。

登場人物をイメージした浴衣や帯、手ぬぐいや扇子などのキャラクターグッズが並び、連日多くのファンの方で賑わっていました。

私は和文化の体験として書道、茶道などの先生とともに3日間、ワークショップとパフォーマンスを行いました。

ゲームの中で登場する象徴的な花としてワークショップでは赤バラを、パフォーマンスではアジサイを選びました。

パフォーマンスはゲーム音楽に合わせ、キャラクターの並ぶ背景の前で行うという何ともシュールな内容。
007.JPG

008.JPG
ゲームキャラとの共演。
なかなか経験できないシチュエーションです(笑)

006.JPG
初日、2日目は単独で・・・。

017.JPG
3日目は書家の白石雪妃さんとの合作。
018.JPG
書と花の融合。
私は数種類のアジサイをいけ、
雪妃さんはキャラクターのセリフやアジサイに関する唄を書で表現。
なかなか面白い仕上がりになりました。

なんとも風変りな企画に最初は戸惑いましたが、普段お会いすることのない層のお客さんにいけばなの魅力を知っていただく良い機会だと思い参加を決めました。

伊勢丹さんの攻めの姿勢を見習い、時代に合わせ新しいことにチャレンジしていこうと、思いを新たにした3日間でした。










| comments(0) | trackbacks(0) | 10:52 | category: - |
# 雑誌掲載

主婦の友社から本日発売のリンダミューズという雑誌に載せていただきました。

書店コンビニで購入できます。
よろしければ見てやってください。

| comments(0) | trackbacks(0) | 20:29 | category: - |
# 九州の旅2

九州2日目、この日は足を延ばして佐賀県の武雄市へ。

目当ては趣味の巨樹めぐり。

武雄市にはランキング上位の巨樹が3本もあるのです。
 

最初に訪れたのは川古の大楠。
120.JPG

樹齢推定3000年、幹回り21メートル、全国5位の大きさを誇る巨樹です。
111.JPG
周りが公園として整地されているため遮るものがなく伸び伸びと枝を張っています。
113.JPG
堂々とした根周りをしているのですが一部が空洞に。
118.JPG
その中にはお稲荷さんが祭ってあるのですが・・・
119.JPG
補修が人工的で少し残念でした。

121.JPG
風の吹き抜ける心地よい公園でした。

 

2本目は、いつかは訪れたいと思っていた独特の風貌を持った巨樹。

武雄の大楠。
132.JPG
こちらも推定で3000年、ランキングは6位です。
123.JPG
由緒ある武雄神社のご神木。
138.JPG
本殿から徒歩2分。

孟宗竹と杉の間を抜けるとその姿を現します。
125.JPG
息をのむ鳥肌が立つほどの存在感。
134.JPG

まさに神宿る巨樹といった感じで独特の雰囲気をまとっています。
129.JPG
根元は空洞になっていてなんと12畳の広さがあるそうです。
念願かないしばしの滞在。


武雄市最後に訪れたのはこの一本。

152.JPG
塚崎の大楠。
153.JPG
残念なことに落雷により上部がなくなっていて中は空洞です。

 144.JPG

中からの景色。

不思議と時が止まったように感じ、この樹の持つ生命力を感じられるようでした。
駅から徒歩で行ける距離で市民文化会館の隣にあります。

これだけの巨樹が市街地に隣接していることに驚かされます。

 

 

夜に熊本支部の方達との懇親会が予定されていたので日帰りで戻ることに。

 

 

市内へ戻る途中、時間的も厳しかったのですがどうしても訪れたい樹がもう一本あり強行しました。

 それがこの樹です。
165.JPG
 

寂心さんの樟と名付けられたこの巨樹。
171.JPG
樹形・樹勢・迫力どれを取っても申し分のない名木。
176.JPG
枝張りはなんと50メートル以上。
170.JPG
自分はなんてちっぽけなんだろうと実感させられるほどの存在感。

愛好家が何人も推薦している名木。
173.JPG
地域の人たちは毎年111日に全員がこの樹の下に集まって神事を行い新しい出発の日としているそうです。

 

 

レンタカーでの移動距離、約300キロ。

身体は疲れましたが、とても癒される素敵な一日になりました。

| comments(0) | trackbacks(0) | 09:46 | category: 花便り |
# 九州の旅
九州へ3日間出張してきました。

初日に訪れたのは熊本県山鹿市。
11月に予定している熊本支部95周年記念花展の会場を下見に。

花展会場は吉田酒造さんが所有し昭和49年まで酒造りを行っていた天聽の蔵。


平成25年に改修され現在はイベントスペースとして使われています。


内装は古き良きものを残しつつモダンなスペースに仕上がっています。
花展当日は酒樽など昔ながらの備品がお借り出来るそうで、ここでしか出来ない面白い花展になりそうです。

下見の後は山鹿の町を探索。

こちらは江戸時代の伝統的な様式を今に伝える八千代座。
この日は市川猿之助さんの公演期間中で沢山の人で賑わっていました。


有名な山鹿灯籠の民芸館。


山鹿の元湯さくら湯。
370年前に誕生した町のシンボル。
一度は取り壊され、平成24年に木造温泉として復活したそうです。

歴史と文化を感じさせる町並み。
温泉も滑らかな湯で身も心も癒されました。

11月にまた訪れるのが今から楽しみです。
| comments(0) | trackbacks(0) | 20:16 | category: |
# 第2回松樹千年翠 

秩父の札所7番青苔山法長寺でのライブパフォーマンス【松樹千年翠】。
晴天にも恵まれ80名を超す沢山の方にご来場いただきました。

当日の様子をご報告。

第1部
今回のテーマはアジサイ。
60畳の和室に3×10mの紙を敷き、その上でのパフォーマンス。
056.JPG
直人さんの音が作り出す独特な世界観に導かれるように、書と花が融合していきました。

061.JPG
書は白居易の詩や「水・美・集・潤」などアジサイを連想させる内容。

055.JPG
私は数種類のアジサイを季節の枝や葉と合わせていけ上げました。

042.JPG

047.JPG

052.JPG

第2部
本堂前でのパフォーマンス。
058.JPG
私は竹の一種いけ。
雪妃さんの書はイベントのタイトルでもある松樹千年翠。

053.JPG

059.JPG
お二人の場数を踏んでいる安定感と淀みないパフォーマンスに支えられ、良い作品に仕上がりました。
回を重ねるごとにお互いの間を感じられるようになってきてるのがうれしいです。

ご来場いただいた皆様ありがとうございました。
将来的には海外も視野に入れて活動を続けていきます。
今後とも応援よろしくお願いいたします。



| comments(0) | trackbacks(0) | 16:28 | category: イベント |
# 松樹千年翠

今週末、第2回となる書×花×音ライブパフォーマンス【松樹千年翠】を催します。



今回の会場は秩父の札所7番法長寺。
本堂は平賀源内の原図によって建てられたと伝えられる札所一大きな建物です。


2015年6月13日土曜日
青苔山 法長寺 札所七番 埼玉県秩父郡横瀬町
開場15時30分 開演16時
料金 1500円

書 白石雪妃
花 塚越応駿
音 山㟁直人 

アクセス 西武秩父駅から車で10分 横瀬駅から徒歩20分

市内観光と合わせて是非お越しください。

| comments(0) | trackbacks(0) | 19:55 | category: イベント |
# 沖縄めんそーれフェスタ
サンシャインシティーで今日まで開催の沖縄フェスタ。

昨年に引き続き花いけバトルメンバーで装飾。


今回は琉球畳をアクリルの台に乗せ段差をつけて、黄色い糸で繋ぎました。
沖縄の民族衣装、琉装をイメージして赤青黄色を中心とした配色にしました。


10日間という長丁場で、手入れも大変でしたが沢山の方にご覧いただけたようです。
テーマがある装飾も楽しいものです。
 
| comments(0) | trackbacks(0) | 11:01 | category: イベント |
# 時をみる会

川崎福昌寺さんで年に2回催している坐禅、いけばな、精進料理を体験していただくイベント【時をみる会】。
8回目となる今回も沢山の方にご参加いただきました。


好転に恵まれた清々しい一日の始まり。


第1部 坐禅体験 
天台宗では坐禅のことを止観と呼び、ただ静止するのではなく物事を正しく観察することが重要視されてます。
時をみる会のネーミングもこの考えを基につけました。


第2部 いけばな体験 
今回はレンギョウ、バラ、スプレーカーネーションの組みあわせ。


今回は皆さんそれぞれ違う器で剣山を使った盛花に挑戦。
リピーターの方が多くいらしたので、少し難しい内容に挑戦してもらいました。


第3部 精進料理
毎回、飯沼副住職による趣向を凝らした料理。
今回は素材のうま味を余すことなく引き出したイタリアン精進でした。
肉、魚、乳製品はもちろん、にんにくやネギなどのにおいの強いものも使えない中、
味噌を代用して見事にイタリアンに仕上げていました。


坐禅で心を落ち着かせて日常を省みる。
穏やかな気持ちで花と向き合い、自分の内面を表現する。
旬の食材を時間をかけていただくことで心身をリセットする。

参加者の皆さまには日々の喧騒から離れ、非日常を楽しんでいただきました。


様々な業種の方とお話しさせていただきご縁の広がる素敵なひと時でした。

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 18:47 | category: イベント |
# 巨樹めぐり

先日、久しぶりに趣味の巨樹巡りに行ってきました。
群馬県六合村にて。癒されるひと時。

1.世立てのしだれ栗
樹齢250年
千切れんばかりの捻れっぷりと地面につかんばかりの枝垂れっぷり。
群馬県唯一のしだれ栗。
135.JPG
どこか見返り美人を想像させる妖艶さ。

134.JPG
手前には普通の栗の木が生えてました。

138.JPG
この木だけ枝垂れているのが何とも不思議です。
一説には天狗が右足をしだれにかけたため、栗が曲がってしだれ栗と言われるようになったとか。

130.JPG
しばらく見入ってしまうほどの存在感。
小野のしだれ栗とはまた違った立ち姿でした。

2.妙全杉
樹齢840余年、目通り3m

142.JPG
長野原から野反湖に向かって走っているとそれらしき姿を確認できます。
尼僧妙善によって開かれた龍沢寺境内にそびえ立ちます。

147.JPG
妙全尼がお勤めの帰りに、寺の石段の下に逆さに挿した杖が、そのまま根付いて大木になったとの言い伝えがあるそうです。
今も枝が逆さに垂れているのだと信じられ、「妙全尼の逆さ杉」とも言われています。

144.JPG
長い年月、地元から愛されてきた力強さと優しさを兼ねそろえた巨樹でした。


県外の人にはおそらく読めない六合村(くにむら)。
小雨、赤岩、生須、太子(おおし)、日影、入山の6つの大大字を合わせたことから「六合」の名が生まれたとのこと。
六合をくにと読むのは日本書紀の神武天皇即位のくだりに「六合を兼ねて以って都を開き」とあり、「六合」とは天地と東西南北、すなわち支配の及ぶ範囲「国」を表すことから、「六合」を「くに」と読んでいるそうです。

草津温泉の近くでもある六合村。
滝巡りなどもできる自然豊かな環境です。
これからの季節、観光におススメです。

| comments(0) | trackbacks(0) | 08:42 | category: 花便り |
Categories
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Counter
カウンターカウンター
Maku puppet
ブクログ
Search this site
Sponsored Links