塚越応駿

いけばな松風副家元 塚越応駿のページ
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 今週の作品11

梅雨入りしましたね。

雨を受けて、庭の木々も一段と緑を深めたような気がします。

 

投稿が遅れてしまい、週を跨いでしまいました。

先週の作品になりますがご覧ください。

 

CGTK4940.JPG

1作目は美央柳。

美女柳とも呼ばれるオトギリソウ科の黄色い花。

柔らかくしなやかな印象のこの花、合えて力強い曲線を持つ車輪梅と合わせてみました。

静と動といったイメージです。

 

LMJN3633.JPG

2作目は沖縄の琉球ガラスに紫陽花を2種、ガクアジサイとアナベルを合わせました。

茎を見せず、花をマッスにいけたことで器の鮮やかなブルーが引き立ちました。

 

PBPK8941.JPG

3作目。

ブルーの波模様が印象的なこの器。

ラインを重ねたくて藪蘭を丸めて多用しました。

ポイントには先日いけたアリアムのサマードラマーを一輪。

 

CSTR9568.JPG

4作目。

投入れが続いたので、剣山を使用して。

ヘリコニア、アリアム、八つ手、レンギョウ。

 

RPAY7837.JPG

5作目。

個性的な多面体の器に丹頂アリアムの曲線を重ねて。

 

HMKA8582.JPG

6作目。

今年は中止になってしまった足利のイベント【はなうつわ】。

昨年ご一緒した丸岡勇太さんのガラスに紫陽花をいけました。

器の縁の形状と葉の虫喰いがリンクして面白い仕上がりになりました。

 

DYAA3613.JPG

最後7作目はトクサとガクアジサイ、そして徐々に白くなってきた半夏生。

 

今週、関東地方は梅雨の中休みといった感じで蒸し暑い日が続くようです。

マスクが辛くなってきましたが、しっかり感染予防に努めたいと思います。

皆さん、熱中症にもお気を付けください。

| comments(0) | - | 07:58 | category: 作品 |
# 今週の作品10

先日、高崎本部のの研究会を再開。

人数を減らして3回に分けて感染症対策に努めました。

久しぶりに皆さんのお顔を見ることが出来て元気をもらえました。

 

今週は市場で購入した数種類のアリアム、今が旬の芍薬、庭で咲き始めた紫陽花をいけました。

ご覧ください。

 

WCKL0037.JPG

鮮やかなオレンジ、小ぶりな花姿がかわいらしい姫百合。

ナルコユリ、シダを合わせて涼やかに籠にいけました。

 

IMG_5258.JPG

アリアムが3作続きます。

1作目は皮をかぶった姿がとてもユニークなサマードラマー。

ヤマモミジと合わせて流れを作り先端が同じ方向を向くようにいけました。

横から見るとこんな仕上がりです。

皮が取れるとギガンジュウムのような大きな紫の玉に成長します。

長く楽しめるお花です。

 

OBCV9262.JPG

2作目はブルーパフューム。

ネギ科の植物なので匂いがきついアリアムですが、こちらは甘いバニラのような香りが特徴です。

水辺の景色をイメージして器を選びツワブキとシダを合わせました。

 

SEAV9365.JPG

こちらはいけばな花材としてもおなじみの丹頂アリアム。

本来まっすぐな茎をしていますが生産者さんの手で曲線が作られています。

暴れた庭のシャリンバイの線と重ねて、茎が全部つながって見えるようにいけてみました。

 

RIMS0954.JPG

こちらは研究会で使用した芍薬。

躑躅の枝と合わせました。

花の時期を終えた躑躅も枝ぶりが面白いので好んで使います。

市場では出回りませんが・・・。

 

GLMI9461.JPG

今週最後は紫陽花。

庭の花がほぼ開花時期を終えてしまったので、心待ちにしていました。

色彩を重視して合わせる花器と花材を選びました。

大きな花だったので重くなりすぎないように擬宝珠の葉で動きを出しました。

 

関東地方は来週には梅雨入りのようです。

いよいよ紫陽花の季節が到来ですね。

桜を見に外出はできませんでしたが、紫陽花は見に行けるかな。

| comments(0) | - | 10:14 | category: 作品 |
# 今週の作品6

汗ばむ日が続くようになてきました。

マスクの着用が蒸れて辛くなる季節です。

みなさま熱中症にはお気を付けください。

 

さて今週の作品をご紹介。

1作目はカルミア。

貝殻のような花びらが特徴。

丸いガラスの花器に枝ぶりを生かして素直にいけました。

 

2作目はマムシグサ、シダ、ギボウシ。

所有する雑木林に出かけて見つけてきたマムシグサとシダを庭のギボウシと合わせて。

器は漆塗りの竹細工です。

 

3作目はサルトリイバラ、カーネーション、アリアム。

枝分かれした1本のサルトリイバラをうまく剪定して流れを出しました。

ガラス器の器の色も意識して取り合わせました。

 

4作目はドライになった棕櫚の房の一部を利用して花留めにし、紫蘭を立てました。

こちらはガラス器にいけたもの。

器でだいぶ雰囲気が変わります。

 

5作目は実り始めた豊後梅。

爽やかな青色のガラス器を選びました。

実が重いため、重心をとるのが難し方です。

 

6作目。

しっかり刈り込んでいた庭の柘植。

数年前の大雪で樹形が崩れてから、暴れ放題に育っています。

新芽もそのままなので、いけるにはとても面白い素材です。

 

今週は以上です。

一部では緊急事態宣言も解除されましたが、皆様引き続きお気を付けください。

 

 

 

| comments(0) | - | 12:04 | category: 作品 |
# 今週の作品5

風が心地よく過ごしやすい日が続きますね。

庭の草木も順番を待つように芽吹き花を咲かせております。

 

度の花をいけるか、どの器を合わせようか、考えるだけで心が整う気がします。

 

それでは今週いけた作品をご紹介。

 

1作目はアマドコロ。

スズランのような釣り下がった小花が魅力的。

捻じれた形状のガラス器、その流れをそのまま持ち上げるイメージでいけました。

 

2作目は錦木(ニシキギ)。

紅葉がきれいなこの木も、この時期は花を咲かせて違った表情を見せてくれます。

水彩画のような色ガラスに斑入りのギボウシを合わせて。

 

3作目は私の大好きな擬宝珠(ギボウシ)の一種いけ。

足元を一つにまとめて流木で隠しました。

浮いているような不思議な作品に仕上がりました。

 

4作目は棕櫚(シュロ)。

昨年からその形状に惹かれ、課題として取り組んでいる植物。

大きな房状の花が主張が強くあしらいが難しかったです。

 

5作目は紅カナメモチ。

垣根としてよく見かけるこの植物。

実際にいけてみたのは初めてです。

 

普段では目に留まらない植物もいけてみると意外な発見があります。

来週も面白い作品をご紹介できるよう頑張ります。

お楽しみに。

 

 

 

 

| comments(0) | - | 12:28 | category: 作品 |
# 今週の作品3

例年この時期はいけばな展やイベントで追われていて、ゆっくりと花と向き合うこともできないのですが、今年は季節を感じる生活を送れています。

こんなに自分の時間が持てているのは20年ぶりくらいでしょうか。

 

それでは今週いけた作品のご紹介です。

 

咲き始めた庭の紫露草。

葉の形状が面白いこの植物。

ガラスの模様が波紋のように見えるでしょうか。

凛とした立ち姿から沸き立つエナジー。

そんなイメージの作品です。

 

3週連続でこの取り合わせを研究。

カラーと旭ハランの曲線を重ねて。

千手観音をイメージした作品。

タイトルは【祈り】といった感じでしょうか。

 

庭のツツジが満開です。

流木を留めに使い色ガラスに合わせました。

擬宝珠の葉を合わせてみずみずしさを強調。

 

花器の形から輪を重ねるように。

デルフィニューム、ブバリア、シダ、キウイ蔓。

 

こちらも花器の形からイメージを膨らませて。

ユリ、シャガの葉。

 

 

 

ゴールデンウィークに入りますが、変わらず家に居て事態の終息を待ちましょう。

気分転換には是非いけばなを。

 

| comments(0) | - | 14:25 | category: 作品 |
# 今週の作品

穏やかな天候が続き、春本番といった感じですね。

出かけたい気持ちを押さえつつ、今週もじっくり花と向き合いました。

 

一作目は今月の教授者研究会の花材として予定していたカラーと旭ハランの組み合わせ。

困難を潜り抜けて上を向く、そんなイメージでいけてみました。

 

2作目。オオアラセイトウ、サルトリイバラ

この紫の花、諸葛孔明が 出陣の先々でこの種子をまき、兵士の食糧となるよう栽培したことから諸葛菜(しょかつさい)の名も持ちます。若い葉が食べられるそうです。

 

3作目。

同じ花材でいけ直し。こちらはサルトリイバラを主役に。

 

4作目。ハナニラ、ヤツデ

ネギ亜科の白い花。葉を千切るとニラの香りがすることからこの名前がついてます。

英名はスプリングスター。こちらのほうが素敵なネーミングですね。

 

写真を見て皆さんが少しでも明るい気持ちになっていただければ嬉しいです。

先行きが見えずに不安な毎日ですが、頑張りましょう!

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | - | 10:33 | category: 作品 |
# 3月の花

新型コロナウィルス感染症拡大のため、春のイベントがほとんど中止となりました。

花の美しいこの季節に作品を発表できないのは大変残念なのですが、今は感染拡大に努めることが最優先ですのでやむを得ません。

次回に向けての準備期間と前向きに捉え、この期間を大切に過ごしたいと思います。

 

3月にいけた花を数点載せます。

 

上巳の節句に合わせていけました。

花材:桃・チューリップ・スイートピー

 

研究会の花材にタニワタリを加えて

花材:タニワタリ・ラナンキュラス・テマリソウ・レモンリーフ・ユキヤナギ

 

庭で咲いた雪柳

花材:ユキヤナギ・アルストロメリア

 

見惚れるほどの美しい枝ぶり

花材:木瓜

 

花をいけると一時でも雑念が消えます。

みなさんもコップに一輪でもよいので花をいけて気分転換してみてください。

 

 

一日でも早くこの事態が終息することを願います。

 

 

 

| comments(0) | - | 11:47 | category: 作品 |
# クリスマスリース
幼馴染のお店に今年もクリスマスリースを贈りました。


| comments(0) | trackbacks(0) | 17:29 | category: 作品 |
# 撮影
年末に出版される写真集の為、作品を数点、撮影してきました。

15名くらいのいけばな作家が参加して1人10ページほどを担当します。






本の詳細決まりましたら、またお知らせいたしますのでよろしくお願いいたします。
| comments(0) | trackbacks(0) | 17:28 | category: 作品 |
# 最近の作品
日増しに暖かさが増し、春を感じるこの頃ですね。
花粉症の私は憂鬱な日々を過ごしております。

さて、最近いけた作品を何点かご紹介。






花枝の綺麗なこの季節、一種いけの稽古を多くしてみました。

くしゃみに負けず、春を探しに出かけようと思います。
| comments(0) | trackbacks(0) | 09:25 | category: 作品 |
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links