塚越応駿

いけばな松風副家元 塚越応駿のページ
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# 撮影
年末に出版される写真集の為、作品を数点、撮影してきました。

15名くらいのいけばな作家が参加して1人10ページほどを担当します。






本の詳細決まりましたら、またお知らせいたしますのでよろしくお願いいたします。
| comments(0) | trackbacks(0) | 17:28 | category: 作品 |
# 最近の作品
日増しに暖かさが増し、春を感じるこの頃ですね。
花粉症の私は憂鬱な日々を過ごしております。

さて、最近いけた作品を何点かご紹介。






花枝の綺麗なこの季節、一種いけの稽古を多くしてみました。

くしゃみに負けず、春を探しに出かけようと思います。
| comments(0) | trackbacks(0) | 09:25 | category: 作品 |
# ミモザ
今日は国際女性デー。
イタリアではミモザの日。
これに因んで、今月の教授者研究会はミモザをテーマに。



私も一作いけてみました。
ガラス器に流木、ミモザ、ラナンキュラスの組み合わせです。

| comments(0) | trackbacks(0) | 09:04 | category: 作品 |
# 今週の作品
寒い日が続き春が待ち遠しく感じます。

2月に入り市場では一足早く、春の花が出始めました。

今週いけた作品です。

ユキヤナギ、モクレン、ガマズミ
モクレンは好きな花のひとつです。


バラ、アカシア、ドラセナ、モンステラ
変わった品種のバラを見つけました。



蕾がふくらみ開花して散るまで、一生を感じることができる、この時期の花の魅力ですね。
| comments(0) | trackbacks(0) | 19:16 | category: 作品 |
# 棕櫚をテーマに
棕櫚の実をいただいたので2作いけてみました。

FullSizeRender.jpg
ドウダンツツジの紅葉とのあわせ

IMG_9892.JPG
胡蝶蘭と赤芽柳とのあわせ

どちらも青いガラス器に合わせたのですが印象の違う仕上がりになりました。

今年も残りわずかとなりました。
みなさんお体に気を付けて頑張りましょう。
 
| comments(0) | trackbacks(0) | 19:13 | category: 作品 |
# 色づく
庭の草花も色づきはじめ、段々と秋めいてまいりました。


春先に花材として重宝したドクダミと、ギボウシ。
ピンポン菊と水引を合わせ、モダンなガラス花器にいけてみました。
季節の変わり目を繊細な色合わせで表現してみました。

寒暖の差が激しいと紅葉も奇麗だと言われます。
今年はいかがでしょうか。楽しみです。

 
| comments(0) | trackbacks(0) | 13:16 | category: 作品 |
# クリスマスリース
来週はクリスマスですね。
今年もリースを何点か作ったのでご紹介。

こちらはキャンドルを中央に置いたテーブルアレンジメント。

キャンドルをサンキライの実に変え、姫リンゴを外すとリースとして壁に吊るせます。

アンバーバームという実に着色して作ったリース2点。

こちらは川崎のギャラリーに。

こちらは地元のお店に飾ってもらいました。

クリスマスが終えると早くもお正月の準備。
今年も慌ただしく新年を迎えそうです。
| comments(0) | trackbacks(0) | 15:39 | category: 作品 |
# 季節の花をいける
石化柳の溜めを活かしてシンプルにいけてみました。



合わせには藪椿を選びガラスの器に軽やかに。


| comments(0) | trackbacks(0) | 20:43 | category: 作品 |
# 季節の花をいける
関東地方は例年より早く梅雨入りとのこと。
地元高崎も連日雨が降り続いております。
毎日続くと気が滅入ってしまいますが、庭の植物には恵みの雨。
アジサイをはじめ、色とりどりの花が目を楽しませてくれます。
摘み取り、好みの器にいけた作品を何点かご紹介。


まずは、青いラインが印象的な陶器にドクダミの一種いけ。
高さを出さずに剪定し流れを意識しました。

その名前と香りから嫌われることも多いドクダミ。
由来を調べると、「毒矯み」という字をあて毒を矯める・止めるという意味、
あるいは「毒や傷みに効能がある」という意味の「毒痛み」に由来すると言われているそうです。
別名は十薬(じゅうやく)、様々な効用のある薬草だそうです。


これからの季節の主役、アジサイ。
器の模様に合わせ、トクサで縦の線を強調しました。


最後はムラサキツユクサです。
葉のラインが2つと同じものが無く、暴れた姿が美しいので、
剪定しすぎないように気をつけ、ボリューム良くいけました。

3作品すべて形状の違う花器に季節の花を合わせてみました。
皆さんもお部屋に花を飾ってジメジメしたこの季節を楽しんでみてはいかがでしょうか?



| comments(0) | trackbacks(0) | 19:37 | category: 作品 |
# 木瓜2
前回に引き続き、また木瓜をいけてみました。
強風のため折れてしまったノウゼンカズラの古木を活かした作品です。


大きなガラスの水盤を使い、
花の勢いと水の静けさの対比を表現してみました。



| comments(0) | trackbacks(0) | 15:14 | category: 作品 |
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Maku puppet
ブクログ
Search this site
Sponsored Links