塚越応駿

いけばな松風副家元 塚越応駿のページ
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 子供いけばな教室
今年最後のふれあい植物センターでの子供いけばな教室。
今回はお正月の花をいけてもらいました。


竹を器に花材は若松、シンビジューム、ヒペリカム。


年神様をお迎えするのだから心を込めていけて下さいと言うと皆、いつもより真剣に。


思いを形に、それぞれ個性豊かな作品に仕上がりました。


この教室も始めてから丸5年が経ちました。
最初に教えた子たちはもう中学生になっている、そう考えると感慨深いです。

大きくなってこの時のことを思い出し、またいけばなに興味を持ってもらえたらうれしいですね。



皆様、今年も応援いただきありがとうございました。
来年も精力的に活動していきたいと思います。
新しい年が皆様にとって穏やかな1年になりますようにお祈りいたします。


| comments(0) | trackbacks(0) | 10:27 | category: 教室 |
# 子供いけばな教室
渋谷の植物センターで定期的に開講している子供いけばな教室。

今回のテーマは端午の節句。



午前午後共に定員一杯の参加者。
賑やかな教室となりました。


花菖蒲を解剖して二番花を見つけたり…


ギボウシの葉をガラスの器に沈めて光らせたり…

皆、目を輝かせて驚いてくれてまるで、でんじろ先生になった気分でした。

出来上がった作品も子供らしく個性的な仕上がりに。

今回も子供たちから学び癒されるひと時でした。


| comments(0) | trackbacks(0) | 16:31 | category: 教室 |
# おもてなし
浅草寺伝法院にて外国のお客様をおもてなし。

精進料理といけばなとお茶を楽しんでいただく、日本文化体験プログラム。



通訳を介しての説明だったので、わかりやすく極力シンプルに。
それでいて興味を引く内容を心がけて。
小学生に教えるようなイメージで取り組みました。

皆さん喜んでもらえたようです。

普段一般公開されていない場所での貴重な体験でした。
| comments(0) | trackbacks(0) | 19:26 | category: 教室 |
# 子供いけばな教室

渋谷区ふれあい植物センターで定期的に行っている子供いけ花教室。
毎回節句をテーマに季節の花をいけてもらっています。

今回は七夕。
030.JPG
5歳から小学校4年生まで、幅広い年齢層の子が集まってくれました。

029.JPG
いかにして日本の文化や風習に興味を持ってもらえるのか、
年齢に差があると、話題や言葉遣いにも気を使います。

028.JPG

031.JPG
どの子もしっかり自分の考えを持っていて、個性豊かな作品が仕上がりました。

032.JPG
今回はヒメガマを主に桔梗、リンドウ、ギボシを合わせました。
リンドウは季節外れですが、日保ちの良さと色合わせを重視しあえて選びました。
器には昨年に引き続き竹をイメージして巻きすを使用しました。

大人になってからも花を身近に感じて欲しい。
そんな思いから始めたこの教室も今年で4年目。
最初の年に教えた子は中学生や高校生になっています。
月日の流れに戸惑いつつも、地道に続けることが大切と気持ちを新たにした一日でした。


| comments(0) | trackbacks(0) | 20:00 | category: 教室 |
# 土器にいける
今日は国立で出張教室。
毎月一回、器の店ノーションさんをお借りして行っています。

今回は熊谷幸治さんの土器展の会期中でしたので、その器をお借りしての稽古となりました。



重量感のある、どっしりとしたこの器。
合わせた花材は岩南天、ルリタマアザミ、ガーベラ、ナルコユリ。

自分で選ばず指定された器にいけるのは本当に難しい。
今回は自分も勉強させていただきました。
| comments(0) | trackbacks(0) | 19:58 | category: 教室 |
# フラワーデザイン教室
前職の経験を活かし、月に一度、各地でフラワーデザインの教室を行っております。

今日は川崎でのレッスン。


爽やかな色合わせの花束を作りました。

この作品にこんなリースを合わせひとひねり。



大人な雰囲気に仕上がりました。

手に入りやすいアイテムを工夫して組み合わせ、デザインするのが教室の特徴です。

フラワーデザインカラハナ

| comments(0) | trackbacks(0) | 11:35 | category: 教室 |
# 子供いけばな教室
渋谷区ふれあい植物センターで定期的に行っている子供いけ花教室。
今回のテーマは七夕でした。

七夕にまつわる植物といえば笹・竹ですね。
竹を器として使用するのでは面白くないし、笹は切るとすぐに水落ちしてしまうし・・・。
いかにして七夕のイメージを作品に持たせるか。
それが今回の課題でした。

CIMG7361.JPG
まずは七夕の節句の紹介。

CIMG7372.JPG
そして竹と笹の違いについて持参した筍を見てもらいながら説明しました。

CIMG7390.JPG
笹に似て長持ちする葉はなんだろう?
市場を歩いていて、思いついたのがイタリアンルスカス。
別名は、その物ずばり笹葉ルスカス。

CIMG7392.JPG
より笹のイメージに近づけるためにポストイットを短冊に見立て、ルスカスに貼り付けました。
これがなかなか好評でした。

CIMG7389.JPG
さらに陶器に巻きすを括りつけ竹を印象付けました。

CIMG7359.JPG
今回も定員いっぱいの参加者。
今年で3年目。
継続してきて本当によかったです。
今後も子供達に楽しく花と接してもらえるよう、創意工夫を重ねます。

次回は9月、重陽の節句です。
お申込みお問い合わせは渋谷区ふれあい植物センターまでお願い致します。


| comments(1) | trackbacks(0) | 15:30 | category: 教室 |
# 子供いけばな教室
渋谷で行っている小学生対象のいけばな教室。
今回のテーマは【重陽の節句】でした。

CIMG6707.JPG
子供たちにわかりやすく日本の文化、風習を伝えるのがこの教室のテーマの一つ。
写真を使い、身近なものを題材にし、少しでも興味を持ってもらえるよう工夫しています。

CIMG6718.JPG
今回は、重陽の節句という事で、菊の図柄が描かれた硬貨を探してもらいました。

CIMG6717.JPG

CIMG6714.JPG

CIMG6725.JPG

この教室を始めてから3回目の重陽の節句。
初回から続けて参加してくれている子もいます。
お母さんに頼っていた子が、今では自分で構成を考え、ハサミを上手に使い、素敵な作品に仕上げます。
今後も花を身近に感じながら成長してもらえたら嬉しい限りです。

今回使用した花材
ピンポン菊、スプレー菊、ケイトウ、姫ソケイ

次回は12月27日(火)
テーマは「お正月の花」です。

申込受付:12月15日〜22日


お申込み、詳細はこちらへ
渋谷区ふれあい植物センター

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 09:45 | category: 教室 |
# 子供いけばな教室

渋谷区ふれあい植物センターでの子供いけばな教室。
毎回、節句をテーマに開講しております。

次回は9月2日(日)重陽の節句です。

申込締切を8月30日としておりましたが、有難いことに現時点で満員となりました。

子供たちに花を通して、四季を感じ、日本の文化、風習を学んでほしいと考え始めたこの教室。
興味を持って、続けて参加してくれる事が何より嬉しいです。


今後の予定をお知らせいたします。

9月2日(日)「重陽の節句」

 満員

12月27日(火)「正月」

 申込受付:12月15日〜22日

2月24日(日)「桃の節句」

 申込受付:2月1日〜17日

お申込み、詳細はこちらへ
渋谷区ふれあい植物センター



 

| comments(0) | trackbacks(0) | 11:05 | category: 教室 |
# いけばな体験教室
渋谷区ふれあい植物センターで、定期的に行っている子供の為のいけばな教室。
毎回、節句をテーマに季節の花をいけてもらいます。


今回のテーマは七夕。

七夕の由来や、竹、笹のお話をさせてもらいました。
少し、説明が長くなってしましましたが皆、真剣に興味を持って聞いてもらえたようです。

前回の端午の節句に引き続き、今回も剣山を使っての実習。
ヒメガマ、リンドウ、キキョウを使い、涼しげな作品が仕上がりました。

毎回、子供たちからは、元気と刺戟をもらっています。
大人には思いつかない自由な発想、とても勉強になります。

次回のテーマは3回目となる重陽の節句。
また違った切り口で、お話しできるように頑張ります。



 
| comments(0) | trackbacks(0) | 22:40 | category: 教室 |
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Maku puppet
ブクログ
Search this site
Sponsored Links