塚越応駿

いけばな松風副家元 塚越応駿のページ
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< LOTUS TOKYO 華道の部 | main | 高崎市華道協会展 >>
# 花いけバトル王者決定戦

白金 八芳園 白鳳間
2014年度の花いけバトル王者決定戦。
今回、私は昨年度の勝者として予選を免除されての出場。

iPhoneImage.png
他の出場者は予選を勝ち抜いた5名。
皆、実力、キャリアともに申し分のない華道家、フラワーデザイナー。
臆することなく挑んだつもりでしたが、前回と違いどこか雰囲気に飲まれていたような気がします。


初戦はブラインドボート。
開場前に20分間でいけ上げ、その後、作者を明かさずに採点となります。

テーマはカラー。

接地面が極端に少ない花器にあたり、バランスを取りながらいけました。
ケールの葉とユキヤナギをあわせました。


季節の花々が並んだ華やかな会場。


2戦目は2人が舞台に上がっての同時いけ。
得意のガラス花器にあたり、大振りの木蓮に挑戦。
うまくバランスがとれまずまずの仕上がり。
スムーズに行き過ぎて、逆に不安になりました。


3回戦は2つにセパレートする変則的な器。
これまでに自分の作品も含め枝を使った大作が続いていたので、花のみで作品を構成しようと考えました。
その結果、淡々といけ上げた印象をになってしまい、作品も無難な仕上がりになってしまいました。


予選の発表。
結果6人中5位。

決勝戦には上野雄次さんと伊藤庭花さんが進み、2012年度王者上野さんが優勝されました。


今回の敗因は気持ちをコントロールできなかったこと。
どこかで、前回勝者という気負いと、守りの姿勢が出てしまったように思います。
何れにしても、がむしゃらに挑んだ昨年とは大きな違いが・・・。
この一年間、自分なりに成長したつもりでいましたが、未熟さを痛感しました。

応援にいらしていただいた皆様。
お忙しい中有難うございました。
ご期待に応えることが出来ず申し訳ありません。

また1からの出直しです。
花いけバトルに限らず、課題を持って一年間を過ごしたいと思います。
今後とも応援よろしくお願い致します。



| comments(2) | trackbacks(0) | 17:09 | category: イベント |
コメント
初めての観戦でしたが、5分と云う限られた『時』の中で緊張と闘いながらも、美を追求する姿にとても感動しました。
観る側として、色々な事を思い・感じ・学ばせて頂きましたが、常にチャレンジャーでいる事の難しさ、大変さを痛感致しました。
お疲れ様でした!!そして、これからも大勢の人達にお花で沢山の感動を!!
| 応碧 | 2015/03/08 4:30 PM |

応碧さん

お忙しい中、ご観覧いただき有難うございました。結果は残念でしたがより一層精進し、花と向き合ってまいります。今後ともよろしくお願いいたします。
| 応駿 | 2015/03/17 9:56 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://osyun.jugem.jp/trackback/418
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Maku puppet
ブクログ
Search this site
Sponsored Links