塚越応駿

いけばな松風副家元 塚越応駿のページ
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< パフォーマンス映像 | main | 杜若 >>
# 今週の作品6

汗ばむ日が続くようになてきました。

マスクの着用が蒸れて辛くなる季節です。

みなさま熱中症にはお気を付けください。

 

さて今週の作品をご紹介。

1作目はカルミア。

貝殻のような花びらが特徴。

丸いガラスの花器に枝ぶりを生かして素直にいけました。

 

2作目はマムシグサ、シダ、ギボウシ。

所有する雑木林に出かけて見つけてきたマムシグサとシダを庭のギボウシと合わせて。

器は漆塗りの竹細工です。

 

3作目はサルトリイバラ、カーネーション、アリアム。

枝分かれした1本のサルトリイバラをうまく剪定して流れを出しました。

ガラス器の器の色も意識して取り合わせました。

 

4作目はドライになった棕櫚の房の一部を利用して花留めにし、紫蘭を立てました。

こちらはガラス器にいけたもの。

器でだいぶ雰囲気が変わります。

 

5作目は実り始めた豊後梅。

爽やかな青色のガラス器を選びました。

実が重いため、重心をとるのが難し方です。

 

6作目。

しっかり刈り込んでいた庭の柘植。

数年前の大雪で樹形が崩れてから、暴れ放題に育っています。

新芽もそのままなので、いけるにはとても面白い素材です。

 

今週は以上です。

一部では緊急事態宣言も解除されましたが、皆様引き続きお気を付けください。

 

 

 

| comments(0) | - | 12:04 | category: 作品 |
コメント
コメントする









Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links