塚越応駿

いけばな松風副家元 塚越応駿のページ
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 今週の作品13 | main | 今週の作品15 >>
# 今週の作品14

ここ数日の集中豪雨で被災された方、お見舞い申し上げます。

熊本には支部もありますし、九州各地に親戚や友人知人がいるので本当に心配です。

これ以上被害が大きくならないことを心から祈ります。

 

花を見ていただき少しでも心が落ち着くようであれば嬉しいです。

 

レンギョウの枝にカーネーションとヘリコニアの組み合わせ。

マーブル模様の陶器にいけました。

 

錦木、半夏生。

日に日に色が濃くなる半夏生。半化粧とも書きます。

七十二候の「半夏生」は、 正しくは 「半夏(はんげ)が生ずる」 の意味であり、

その「半夏」とは 烏柄杓という別の植物だそうです。

錦木の先端が千手観音のようにも見えるなと思いました。

 

ヒペリカムにダリアを2色合わせました。

ガラス花器の色と合わせて、夏らしい作品に仕上げました。

 

アンスリューム2色に使い勝手の良いサルトリイバラ。

真っ赤なガラスに合わせました。

アンスリュームの光沢と、すりガラスのマットな感じの対比が面白く仕上がりました。

 

ヒメガマとルリタマアザミ、夏を代表するヒマワリで構成。

全体を八つ手の葉で引き締めました。

尖った形状を引き立てるように思い切って放射状にいけました。

器には土器を選択。

ヒマワリは土のイメージがよく似合う。

 

ヒマワリの作品をもう一作。

黄色と青の対比。

グロリアオサ、ルリタマアザミ。

ビタミンカラーは元気が出ます。

 

 

 

 

不安定な天候が続くようです。

皆様、どうぞお気を付けください。

 

 

| comments(0) | - | 10:48 | category: 作品 |
コメント
コメントする









Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links