塚越応駿

いけばな松風副家元 塚越応駿のページ
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 今週の作品17 | main | 今週の作品19 >>
# 今週の作品18

連日の猛暑。

地元高崎では先日39度を記録しました。

歩くだけで滝のような汗が出てくる危険な暑さ。

みなさん、どうぞご自愛ください。

 

8月になって最初の更新。

すっかり間隔が空いてしまい申し訳ないです。

撮り溜めた作品を2日連続でUPしたいと思います。

よろしくお願いします。

 

家庭菜園で育てたトマトを水中花に。

今年は梅雨が長くて日照不足のため、色づくのが非常に遅かった。

暴れた葉の剪定に苦労しました。

 

丸まった花弁がユニークなルドベキア。

打ちあがる花火をイメージして、セダムと共ににいけ上げました。

 

この時期に良く目にする夏水仙。

花が咲くころに葉が無いことから裸ユリとも呼ばれるそうですが、

実際はヒガンバナの仲間。

発色の良いリンドウと合わせて色の濃淡で動きを出しました。

 

ホットビスケットという名のアマランサス。

同系色のカラーを合わせて、新芽のアセビでアクセント。

アマランサスの質感と器の模様が相まって、落ち着いた作品に仕上がりました。

 

テーマは対比。

器の紅白、モンステラの表裏、色の異なる菊の花弁の内と外。

 

 

 

| comments(0) | - | 18:29 | category: 作品 |
コメント
コメントする









Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links