塚越応駿

いけばな松風副家元 塚越応駿のページ
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 今週の作品20 | main | 今週の作品22 >>
# 今週の作品21

コロナ、残暑、台風。

心休まる事がありませんが、花と向き合うときは無心になれます。

このブログを通じて、少しでも癒しの時間がお届けできればうれしいです。

 

それでは、今週の作品です。

 

フウセントウワタ、レンギョウ、アレカヤシの組み合わせ。

緑の濃淡と質感の違いを活かした作品。

ほかの花を合わせようかと思いましたが、フウセントウワタの存在感がありすぎて断念しました。

結果、面白い仕上がりになったので、これはこれで良しとします。

 

そういえば、フウセントウワタの花、見たことがありますか?

 

こちら。数年前に市場で見つけました。

インパクトのある実の形状からは想像できない可憐な花です。

 

今月の研究会のテーマは紙の器。

色鮮やかな和紙を使って器を作りました。

当初は紙を粘土に見立てて、くしゃくしゃにしてから作る予定でしたが、

性格なのか、結果きっちりとした折り目のある器になってしまいました。

ピンポン菊、リンドウ、レザーファン。

 

かわいらしい小振りなハスの実。

形状の似ているピンポン菊と合わせました。

枝も葉が丸くて小さい柘植を選択。

 

 

 

今週の小品は3点と少ないのですが、

先日撮影で使う装飾花の依頼があり、大作を2点いけてきたのでご報告。

幅、高さ、共に150cmくらいのかなり大きな作品です。

クライアントさんの意向に合わせて赤を主体とした鮮やかな仕上がりになりました。

 

華展やイベントはまだ再開できていませんが、装飾の仕事も入るようになり、徐々にですが日常が戻ってきたように感じます。

 

今週は以上になります。

次回も面白い作品がお届けできるように頑張ります。

 

 

| comments(0) | - | 11:56 | category: 作品 |
コメント
コメントする









Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links